京都に行ったときに読物を買ってみたのです

なんだか、京都のくまざわ書店に行ったときに正式を買ってみました。日頃ほとんど誌は読まないのですが。
真梨幸子の「カンタベリーテイルズ」という正式だ。淑女同士の泥まみれした感じのストーリーかな、と思ったけれども、あまり読後感はひどくなかったですね。
ほんとに、めったに心持ちウォーミングという感じでもないですけどね。
くまざわ書店は数年ぶりに行ったのですが、よく変わっていなくて些かうれしかったです。
京都に住んでいた間は、結構ちょいちょい行っていたのを思い起こしたりしました。
今は関西には住んでいないので、京都にいくことも以前よりずいぶん減ってしまって残念です。
この次の赴任の際に関西方面に行けたら、また京都に頻繁に試合に行けたらいいなあ、と思っています。
京都の四条河原町周辺にはほんとに書店が多くて、暇つぶしにはぴったりです。
もう一度寺社仏閣のウォーキングなどはまったく飽きてしまったので、時間を持て余すことも多いですし。
それでも大好きな街角ですことには変わりないですが。