世界的な株安も私にとっては案外悪くはないのです

今月は数多くの銘柄が新規上場しました。あの大手電話会社も親子上場という形ですが株式上場を果たしました。地合いがよくなかったからなのかどうかは分かりませんが、そのあたりからIPOに対する投資家の目線が変わりました。

ですから、鉄板銘柄だと思われていたものの中には公開価格割れ、ストップ安になる銘柄もありました。

新興市場に上場する無人気の銘柄は叩き売られ、マザーズ市場に上場する高PER銘柄もガンガン売られています。しかし、市場が混乱しているときというのは成長性のある銘柄を探すよりも、指数先物を買って短期のリバウンドをとった方がよほどもうかります。

私はあの日、ガッツリ日経平均先物とオプションを購入して翌日の寄り付きに全てを離し今年一番の利益を得ることができました。おそらく、この利益は来年を通しても一度の取引で上げることができる利益ではないと思います。

大きく株価が乱高下する相場というのは大きくもうかるので私は好きです。https://www.fndg.co/acom/acom-barenai.html